【ホンダ・フィット】VS【マツダ・デミオ】はどっちを選ぶべき!?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
各買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が
高くなるということなので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

ホンダフィットは2001年6月21日に発表されその翌日の6月22日に発売された車です。ホンダ製品の中でも軽自動車を除いた乗用車の中で最も小さい乗用車になります。

マツダデミオは1995年10月27日に販売されたコンパクトカーです。

今回はそんなホンダフィットマツダデミオの情報について調べてみました。

現段階ではそれぞれの良い点と悪い点があるのか、そのほかにも口コミの評価などの情報を踏まえ、

この記事ではそれらを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク




【ホンダ・フィット】VS【マツダ・デミオ】価格はどっち?

引用:https://www.honda.co.jp/

こちらがホンダ・フィットになります。写真からでは伝わりにくいですがとても小さい乗用車です。

発売当初の搭載エンジンは、新機構である「i-DSI」を採用したL13A型エンジンのみでした。発売当初のキャッチフレーズとして「思い立ったが吉日生活」で当初は「W」「A」「Y」の3グレードが設定されていました。

こちらのモデルは3代にわたって世に広まっています。そんな3代目であるGK3/4/5/6型は2013年に発売されもうすぐで6年目に入ります。

2018年ではボディーカラーの種を「プレミアムホワイト・パールII」に替わって「プラチナホワイト・パール」に変更しました。

そして気になるところの価格がこちらです。

引用:https://www.honda.co.jp/

HYBRIDモデルでおよそ170万~190万程度で、車体サイズと比例してとてもお手軽な価格となっています。

駆動方式は前年から変わらずのFFと4WD担っていました。カラーは10種の中からお好みのを選択できました。

引用:https://www.honda.co.jp/

続いてはガソリンモデルです。こちらは少しお安めの150万~165万円ほどになっております。駆動方式、ボディーカラーの変化は一切ありませんでした。

引用:https://www.honda.co.jp/

また、福祉車両も設けられていました。

楽な姿勢で乗車、降車することができ足元の空間も少しゆとりのある空間となっており、デザイン性もこだわりがある作りになっていて、座った時にかかる負荷を抑えてくれる構造になっていました。

引用:http://www.mazda.co.jp

そしてこちらがマツダ・デミオになります。こちらの製品は4代目となるモデルでフロントウィンドウの作りが紫外線および赤外線を遮断するスーパーUVカットガラス・IRカットガラスを採用していました。

気になるお値段の方がこちら。

引用:http://www.mazda.co.jp

およそ140万円です。

2WD駆動方式で140万円ほどで、4WD駆動方式で160万円になっていました。

引用:http://www.mazda.co.jp

また前年のモデルのラインナップと比較してみると最安値となっていました。それに伴い、車体サイズやや小さめです。

結果、お値段の方で言いますとマツダ・デミオの方が安いことがわかりました。

スポンサードリンク




【ホンダ・フィット】VS【マツダ・デミオ】大きさは?

気になるところの大きさ、両方ともにコンパクト型として有名ですがいったいどっちの方が大きさでは小さいのでしょうか。順に紹介していきます。

まずはホンダ・フィットの方からです。ホンダフィットは公式でも説明されている通り、軽自動車を除いた乗用車の中では最も小さいモデルに入ります。

ホンダがインドネシアやタイなどの新興国などのために開発したブリオと呼ばれる製品よりは大きいですが普通車に比べると小さいのは確かでした。

全長は3,995mm。これもだいたい4mというところです。横幅は1,695mm。だいたい170cmの人が横になるのと同じ大きさになりますね。

車高は1,525mm。4WDはプラス2,5cmとなります。小柄な女性と同じくらいの高さでした。今まで紹介してきたホンダの中のCR-Vと比べてしまうと車体サイズへのインパクト感はCR-Vの方が勝っていますね。

しかしながらフィットの良いところはそこでもあり、小さいからこそその中に魅力がたくさん詰め込まれているのです。

続いて、マツダ・デミオの車体サイズになります。

マツダ・デミオはホンダ・フィットに比べては少し大きめのサイズとなっているのがわかります。ですがその差もほんの少しであり、ごく一部です。

言ってしまえば新型デミオはコンパクトカーの中では大きい印象ですが、デザイン性や性能にこだわっていますので車内自体のスペースとしましては広さを感じることは難しいと思います。

特に後部座席の小さめな感じやラゲッジスペースの窮屈さが問題視されているの中、ご家族や友人たちとの多人数、およそ4人ほどで使用する場合やたくさん荷物を積みたい方におすすめできるような車ではないです。

実際に乗ったことのある方の意見を聞いてみると、後ろに乗る人というのは狭いと感じるようです。大柄な男性には窮屈な印象も見られます。

 

どちらも小さめのコンパクトカーです。夫婦や少人数でのお出かけの際には十分だとは思いますが、ご家族や大人数でお出かけする際はホンダならCR-Vを、マツダならAXELA SPORTをおすすめします。

スポンサードリンク




【ホンダ・フィット】VS【マツダ・デミオ】燃費はどっち?

最後に走行時に一番気になってしまう燃費についてです。

余談にはなりますが結論から言わせていただきますと、そもそもホンダ製品はエンジン性能や走行性能等に、マツダは車体サイズやデザイン性等ににこだわっているのが見られますので言うまでもなく燃費はホンダの方がいいです。

ですのでこちらでは両者の比較ももちろんですが、前例のモデルとの比較も上げてみたいと思います。

ではホンダ・フィットの燃費からです。こちらになります。

引用:https://www.honda.co.jp/

ハイブリッド車クラストップレベルの実績を誇ります。車体サイズが車体サイズですのでそれなり燃費もいいですよね。

もちろん「平成32年度燃費基準」に対応もしています。また、全タイプ(モデル)「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定車としての実績まであります。

魅力的な作品になっているのは確かです。コンパクトカーの中でも上位を争うモデルです。ホンダCR-Vでもここまでの環境性能は備わっていませんでした。圧倒的ですよね。

次にマツダ・デミオの燃費についてです。こちらになります。

引用:http://www.mazda.co.jp/

WLTCモード燃費での2WDで20km/Lほどです。4WDの場合はもちろん落ちます。17.2km/Lですね。

そしてJC08モードの2WD(FF)で26.4km/L、MT車になると30km/Lを上回る記録です。しかしながらやはりホンダと比べてしまうとホンダの方が高いですね。

しかし、山道の多い日本の高速状況においてはこの燃費性能はかなりいい方だといえます。

と、讃えてばっかではいましたが皆さま忘れてはいけないのはここからです。実は燃費がいいだけでは車の良さは到底理解できないものだと思って下さい。

もちろん燃費も大切なものですが、目的に沿った車を選ぶことが私の中で最も重要なものだと思っています。例えば、高い高級車を買って優越感に浸りたいのであればそれでもかまいませんが家族との団らんの時間を大切にしたいのであれば、燃費、車体サイズ、インテリアなど。必ずしも燃費性能だけが良いというわけではないということを頭の中に入れておいてください。

ホンダ・フィット、マツダ・デミオもこれだけ見ると燃費の良さが非常に目立ちますよね??それだけではなくて、ホンダならCR-Vやヴェゼル、マツダならCX-5やAXELA SPORT車体サイズも考えられ、燃費も向上しているのでどれを選んでも悔いもないですし、むしろどこにでもいけるという利点が大いにあるところが魅力的だと私は思います。

この記事はあくまで私の意見にすぎませんので口コミや評判など、某有名な価格サイトなどを利用して実際に見て、試乗されてからどれが本当にいいか、私にはこれがふさわしいという商品を決めて見てください。

 

アイキャッチ画像引用:http://news.line.me/articles/oa-rp31018/2bfb00cde1d5

【ホンダ・フィット】を50万円も安く買う方法とは何か!?

ホンダのフィットいいですよね!?

コンパクトカーで運転がしやすいながらも
室内の広くシートアレンジが多彩なため
自転車も積めちゃったり、
車中泊も可能なほどなんです。

口コミでもその高い実用性から
満足度の高い評価がほとんど。

そして何より
ハイブリッド車は文句のつけようがない
最高級の実燃費。

休日に家族とちょっとドライブ・・・
楽しいパパさんを演出できますね!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「フィット欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
フィットに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のフィットを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
フィットの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
各買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が
高くなるということなので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. ホンダフィットは2001年6月21日に発表されその翌日の6月22日に発売された車です。ホンダ製品の中…
  2. ハイブリットコンパクトカーで上位になるホンダ・フィットの維持費用や購入方法についてご紹介します。…
  3. 今回は、人気の高いハイブリットコンパクトカーのホンダ・フィットのサイズについてご紹介します。…
  4. ホンダの主力コンパクトカーであるフィット(FIT)のモデルチェンジの情報について調べてみました。…
  5. 2001年、今から17年前に初代ホンダフィットが誕生しました。国民車としてながらくトップに君…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP