【ホンダ・フィット】スペックや加速性能、乗り心地はどうなのか!?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
各買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が
高くなるということなので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

ホンダフィットのスペックや加速性能、乗り心地について調べてみました。

公表のスペックや加速性能はどんな性能なのか?

また実際に乗った際の乗り心地についてはどんな感じなのか?

それらを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク




ホンダフィットのスペックはこれだ!

引用:https://www.honda.co.jp/

ホンダフィットは2001年に発売され、コンパクトカーとしてホンダの乗用車の中では

最も小型の自動車です。(軽自動車を除く)

2007年、2013年と2度のフルモデルチェンジがなされ、現在販売されている

ホンダフィットは3代目となります。

3代目となるホンダフィットはどのようなスペックなのか見ていきましょう。

大きく分けるとエンジンで分かれる3通りとなります。

【ガソリン車】

☆搭載エンジン 1.3リットル i-VTEC

該当タイプ 13G・F/13GL Honda SENSING/13G・S Honda SENSING

引用:https://autoc-one.jp/

総排気量 1317cc

最大出力 100PS

最大トルク 12.1kgm

全長×全幅×全高(m) 3.990×1.695×1.525(1.550)

室内長×室内幅×室内高(m) 1.935×1.450×1.280

燃料タンク容量40リットル

圧縮比 13.5

カタログ燃費20.2~24.6Km/リットル

全国メーカー希望小売価格 1,461,240円(消費税込み)~

 

☆搭載エンジン 1.5リットル i-VTEC

該当タイプ 15XL Honda SENSING/RS Honda SENSING

引用:https://www.honda.co.jp/

総排気量 1496cc

最大出力 132PS

最大トルク 12.1kgm

全長×全幅×全高(m) 3.990(RSは4.045)×1.695×1.525(4WDは1.550)

室内長×室内幅×室内高(m) 1.935×1.450×1.280

燃料タンク容量40リットル

圧縮比 11.5

カタログ燃費19.2~22.2Km/リットル

全国メーカー希望小売価格 1,853,280円(消費税込み)~

 

【ハイブリッド車】

搭載エンジン 1.5リットル i-VTEC+i-DCD

該当タイプ HYBRID/HYBRID・F/HYBRID・L Honda SENSING/HYBRID・S Honda SENSING

引用:https://spyder7.com/

総排気量 1496cc

最大出力 137PS

最大トルク 13.7kgm

全長×全幅×全高(m) 3.990×1.695×1.525(4WDは1.550)

室内長×室内幅×室内高(m) 1.935×1.450×1.280

燃料タンク容量32~40リットル

圧縮比 13.5

カタログ燃費28.6Km~37.2Km/リットル

全国メーカー希望小売価格 1,699,920円(消費税込み)~

引用:https://www.honda.co.jp/

特徴は全長が4mを切るコンパクトカーでありながら、広く感じられる室内空間、

ハイブリッド車では最大37.2Km/リットル、ガソリン車では最大24.6Km/リットルの低燃費、

さらにハイブリッド車においての十分な加速性能が挙げられます。

 

安全運転支援システム「Honda SENSING」搭載車においては

衝突軽減ブレーキ(CMBS)、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能、

ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、LKAS(車線維持支援システム)、

先行車発進お知らせ機能、標識認識機能

以上、8つの先進機能で安全運転を支援してくれます。

スポンサードリンク




ホンダフィットの乗り心地は…どうなのか!?

引用:https://autoc-one.jp/

コンパクトカーとして幅広いターゲット層を持つホンダフィット、低価格・低燃費を売りにする車種ですが、

やっぱり気になるのはその乗り心地です。

今回はホンダフィット13G・Fに実際に乗ってみて、乗り心地についてレポートしてみたいと思います。

硬めの足回り

引用:https://www.honda.co.jp/

他のコンパクトカーに乗っていた方なら誰もが最初は「ん?硬い!」

と感じるのではないかと思われる硬めの乗り心地です。

またシートも硬く感じられます。

一般に硬いシートは疲れにくい、柔らかいシートは疲れやすいと言われていますので、

疲れに対する配慮からなのでしょうが、こればっかりは好み次第です。

硬い乗り心地、硬いシートが好みであれば乗り心地は良く感じるでしょうし、

柔らかい乗り心地が好みであれば、乗り心地が悪いと感じられます。

安定した操作性

引用:https://www.honda.co.jp/

操作性はキビキビとして反応が良いという感想です。

硬い足回りと相まって、ハンドルに対して素直に素早く反応しているのが手に取るように分かります。

ハンドルを切るたびに「キュッ! キュッ!」と反応してくれますので、段々と楽しくなってきます。

操作性に関しては文句なしです。

小回り性能は抜群

引用:https://www.honda.co.jp/

最小回転半径4.7mのスペック通りの素晴らしい小回り性能です。

思ったよりもハンドルが切れるので、細い道や住宅地などでは最大限に性能を発揮します。

「ここはちょっと切り返ししないと無理かな?」と思われる所でもすいーっと入るホンダフィットに

少し感動してしまいました。

駐車の際も細かい操作が効くので切り返しの回数を少なめに抑えられて、車で買い物に出かける

主婦の方なんかには嬉しい小回り性能ですね。

ホンダフィットは街乗りを多分に意識した小回り性能であると言えます。

静粛性は改善

引用:https://www.honda.co.jp/

ホンダはスポーツカーのイメージが強く、静粛性についてはあまりこだわらないと言われていましたが、

今回乗ってみたホンダフィット13G・Fは静粛性について改善されているようです。

乗ってみた感想は他のコンパクトカーとほぼ同じような静粛性を感じられます。

良くも悪くも「ホンダだから」と言われる静粛性が改善されたのは昔からのホンダファンの方には

少し寂しくもありますが、全ての快適性に対して改善しようとする企業姿勢には好感が持てます。

また舗装の切れ目の小さな段差を乗り越える際の衝撃は相当緩和されています。

硬い足回りとシートだからダイレクトに段差の衝撃が伝わってくるのではないかと

心配していたのですが、その部分を相当緩和しているのは高評価です。

スポンサードリンク




ホンダフィットの加速性能を報告します!

引用:https://autoc-one.jp/

ホンダフィットの加速性能をエンジンのタイプ別に報告していきたいと思います。

タイプ別に見た加速性能

引用:https://www.honda.co.jp/

1.3リットルガソリンエンジン

0-100km/hの加速タイムは約12.0秒。

一般的なコンパクトカーとしては標準的なタイムとなっております。

1.5リットル直噴ガソリンエンジン

0-100km/hの加速タイムは約8.7秒。

タイムにして約30%の短縮となる8秒台で100キロまで加速出来ます。

コンパクトカーとしては文句の無い加速性能でしょう。

ハイブリッドモデル(1.5リットル+i-DCD)

0-100km/hの加速タイムは約7.5秒。

驚くほどスムーズに加速します。ガソリン車であれば2リットル車とほぼ同等レベルでの

加速性能になります。

加速性能を体感してみた

引用:https://www.honda.co.jp/

ホンダフィットのハイブリッドモデルに乗って加速性能を体感してみました。

ハイブリッドカーというのは本来、低速域を電気、高速域をエンジンと使い分け

燃費性能の向上を目指した物で、加速性能の向上を目的とした物ではありません。

ですので実際に乗ってみるとそれなりの加速力はありますが、加速性能として

評価するならば並程度とと言った所になるでしょう。

 

しかしながら、ホンダのチャレンジする姿勢は【Sモードボタン】に隠されていました。

引用:https://www.honda.co.jp/

ハイブリッドモデルのみに搭載されている【Sモードボタン】があるのですが、

押してみた所ビックリの加速性能!

通常の発進とは異なり、アクセルを踏み込むほどにスムーズにスピードが増していく

スポーツカー並の加速性能に感じられました。

実際にレースをする訳ではありませんので、普段乗りの方にそれ程の恩恵がある訳では

ありませんが、街乗りでの信号待ちからの加速や進路変更時の加速においては

十分な加速性能となりますし、高速道路での合流や追い越しをする時などには

あると助かる加速性能です。

それにやっぱりホンダを選ぶ方はこういったスポーティな部分を期待している方も

多いと思われますので、そういった期待にこの【Sモードボタン】で応えている

のだと思われます。

【ホンダ・フィット】を50万円も安く買う方法とは何か!?

ホンダのフィットいいですよね!?

コンパクトカーで運転がしやすいながらも
室内の広くシートアレンジが多彩なため
自転車も積めちゃったり、
車中泊も可能なほどなんです。

口コミでもその高い実用性から
満足度の高い評価がほとんど。

そして何より
ハイブリッド車は文句のつけようがない
最高級の実燃費。

休日に家族とちょっとドライブ・・・
楽しいパパさんを演出できますね!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「フィット欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
フィットに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のフィットを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
フィットの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
各買取業者から電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が
高くなるということなので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. 幅広い世代に人気のあるハイブリットコンパクトカーのホンダ・フィットとトヨタ・プリウス比較とすると…
  2. 今回は、常に上位に入る人気のコンパクトカーホンダ・フィットの納期や納車状況に関する情報を提供しま…
  3. オーナーが車に求める性能には様々ですよね。その中で重要なものが「安全性」ではないでしょうか?…
  4. 今回は、人気のハイブリット車ホンダ・フィットの中古車市場の相場や新古車の情報を提供します。…
  5. ホンダフィットのカラー展開って何色ぐらいあるのでしょうか。コンパクトカーの新御三家であるホン…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP